ワード初級-実践練習問題5-フォントの拡大/縮小と均等割り付けで文書作成

均等割り付け

文字列を均等に、並べてワードの文章の見栄えをよくすることができます。

例:通常入力した場合

文字の練習

この文字を、10文字で均等割り付けすると

文 字 の 練 習

更に、15文字で均等割り付けすると

文  字  の  練  習

このように、均等割り付けは、指定した文字数に文字を均等に配置することができます。

リボンから均等割り付け表示

均等割り付け

①文字を範囲選択してから、「ホーム」タブを開き、均等割り付けをクリックする。

割り付け変更

②ダイアログボックスの中、「新し文字列の幅」で、割り付けたい文字を変更する。

段落記号 改行【改行】まで含めて文字列の範囲を指定すると、行全体に文字列が広がります。注意しましょう。

行全体割り付け

フォントの拡大と縮小

通常文字100%に対しての割合で文字を縮小・拡大する

フォント拡大縮小

リボンから拡大/縮小表示

拡大縮小

①「ホーム」タブから開き、「拡張書式」をクリックする。

②「文字の拡大/縮小」のところにマウスポインタを置いたら、横にスライドさせる。

③拡大/縮小したい%のところでクリックする。

実践練習問題

次の原文をワードに入力して文書を完成しよう

参考 文書作成の参考ページ

ワード初級 図形描画 直線を引く方法と種類
ワード2016初級 図形描画の中の、直線を引く方法と直線の種類の変更
ワード初級-行間の設定
ワードで、行間を設定するときに一般の行間とは違うことを覚えておくと、行と行との隙間をなくすこともでき、レイアウトしやすいです。
ワード初級-実践練習問題3-インデントを使って文書作成
ワードで、インデントをつかって文書を作成するお勉強。インデントを使うにはまず段落の意味を知っておくとよいです。
ワード初級-実践練習問題2-フォントサイズと書式設定
ワードで文書を作成し、フォントサイズの変更や良く使う、書式設定を勉強します。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする