ワード初級-実践練習問題3-インデントを使って文書作成

インデントと段落

インデントを学ぶにはまず、段落の意味を把握しておこう。

ワードでは、「行」と「段落」別の意味を持ちます。

文書を入力していくと、自動的に折り返してくれEnterキーで、改行するまでのひとまとまりを「段落」と言います。

段落

インデントを設定するときに、「段落」を設定するか、「」または、一部の「文字」を設定するかで考えると良いです。

インデントボタン

インデントボタン

カーソルを移動したい文字の前に置き、「ホーム」タブから「インデントを増やす」ボタンをクリックします。全角文字1文字分ずつ右に移動します。「インデントを減らす」ボタンをクリックすると1文字ずつ解除されます。

だんら文書が段落なら、「インデントを増やす」ボタンをクリックすると、段落ごと移動します。

はn

設定したい文書を、範囲選択して「インデントを増やす」で移動することもできる。

ルーラーによるインデント

ルーラーインデントの名称

ルーラーインデント

ルーラのつまみの移動はドラッグすると動きます。

ルーラーをドラッグするとき、【Altキーを】押しながらマウスをドラッグすると、インデント幅が数値として表示されますので、正確なインデントができます。

ルーラーが表示されてないときは、

ワード初級-ルーラー・グリット線・空白記号表示設定
ワードでルーラーの表示と非表示を切り替える方法と、初めてのワードを使うとき文章作成しやすいグリット線・空白記号の表示方法をお勉強

ルーラーや、インデントボタンを「文字設定」にしたい場合は、

ワード初級ー文字単位とmm単位の編集
ワードで、レイアウト編集をするときに文字単位に設定しておくと便利です。その設定方法の説明です。

1行目のインデント

文章全体を範囲指定して、1行目インデントを3までドラッグすると、1行目のみインデントされます。

1行目のインデント

ぶら下げインデント

文章全体を範囲指定して下さい。ぶら下げインデントを3までドラッグすると、2行目以降がインデントされます。

ぶら下げインデント

左インデント

文章全体を範囲指定します。左インデントで3字ドラッグすると、全体がインデントされます。

左インデント

段落設定オプションでインデント

段落設定

「ホーム」タブの中の、「段落の設定」をクリックする。

段落の設定

文章全体を範囲指定し、インデント行間隔のタブのなかの、インデントで、「左インデント幅3文字」、「右のインデント幅3文字」、【最初の行】「字下げ」「幅1文字」を設定すると、

設定画面

このようになります。

インデント練習文書

インデントの使い方をふまえて、下の原文をワードで入力して文書を完成させましょう。

フォントサイズや文字飾り、文字揃えの仕方は、

ワード初級-実践練習問題2-フォントサイズと書式設定
ワードで文書を作成し、フォントサイズの変更や良く使う、書式設定を勉強します。

コピー・移動の仕方は、

ワード初級-コピーと移動の仕方3つの方法
ワードの文字をコピーしたり、移動する3つの方法を説明します。