ワード初級-コピーと移動の仕方3つの方法

コピーと移動の方法

ここでは、マウスで範囲選択をしてコピーと移動の仕方と、アイコンを使う方法・ctlrキーを使って操作する勉強していきましょう。

リボンの中のアイコンを使う方法1

①ワードに文字を入力してから、コピーしたい文字を範囲選択する

あああああ

文字列の範囲選択の仕方は、

ワード初級-文字列の範囲選択
文字列を編集するには、まず、「どこからどこまで」を編集するかの指定が必要です。文書作成や表作成に役立ちます。

アイコンコピー

②【ホーム】タブをクリックして開きます。

③【コピー】をクリックします。

アイコン貼り付け

④コピー先にカーソルを置き【貼り付け】をクリックします。

例えば、「いいいい」という文字の次にコピーした(あああ)文字を置きたい場合は、

いいいい 最後の文字に、カーソルを置き「貼り付け」をクリックすると

いいいいあああ となります。

右クリック ショートカットメニューからの方法2

①コピーしたい文字列を範囲選択します。

②反転表示した文字列をマウスポインタでポイントしカーソルが、ポインタ のとき右クリックし、ショートカットメニューから【コピー(C)】をクリックします。

右クリック

ショートカットコピー

③貼り付けたい場所へクリックすると、カーソルがでるので、右クリックしてショートカットメニューから【貼り付け(P)】をクリックします。

ショートカット貼り付け

④貼り付けのオプションが表示された場合、「元の書式の維持」をクリックする。

元の書式の維持

コントロールキーCtrlを押しながらコピーする方法3

①コピーしたい文字列を範囲選択します。

②コントロールキーCtrlを押しながらコピー先へドラッグすると色の薄いカーソルが一緒について来るのでそこでドラッグを止めます。

コントロール移動

切り取りをする場合

※移動は方法1、方法2共に【切り取り】に変えるだけです。

方法1の【切り取り】ボタンはコピーの上ののはさみのマークです。

方法2の【切り取り】は右クリックしたときのショートカットメニューにあります。

方法3は、Ctrlを押さずにドラッグします。

まとめ

移動が少なく操作的にも簡単なのが、右クリックで、ショートカットメニューからするのがおすすめです。

ctrlキーを使う方法も今後エクセルなど表計算するときには役に立つので、操作慣れをしていくにはよいでしょう。

一番自分がやりやすいと思う操作で良いので覚えてください。