ワード初級-文字列の範囲選択

文字列選択範囲変更

初期設定のまま範囲選択を行うと、文字だけの範囲選択をするのが困難です。

下記の設定で、文字の範囲選択がしやすくなります。

必要ならば、設定してください。

設定方法

ファイル

「ファイル」をクリックする。

オプション

「オプション」をクリックする。

範囲変更

「詳細設定」をクリックする。

「編集オプション」の中の、「段落の選択範囲を自動的に調節する」のチェックを外す。

「OK」をクリックして完了。

文字編集する個所の範囲選択

文字列を編集するには、まず、「どこからどこまで」を編集するかの指定が必要です。

マウスポインタの形を見ながら、指定します。

文字の選択範囲

カーソルマークが、カーソル の時、選択する文字をドラッグする。

カーソルあああああああああああ

範囲を選択すると、文字が灰色になるので指定したい場所までドラッグしたら離し、文字のレイアウトを変えたりできる。

離れた場所の文字を選択するときはCtrlキーを押しながらドラックします。

カーソルあああああああああああああ

最初に範囲選択したい文字を、ドラッグして一度離し、【ctrlキー】を押しながら再度ドラッグする。

行の選択範囲

マウスポインタを左端に移動し、マウスポインタの形が、ポインタ の時、クリックする。行全体が選択されます。ドラッグすると複数行の範囲が選択できます。

ポインタああああああ

ああああああ

上の行だけ、範囲選択ができる。

段落の選択範囲

マウスポインタを左端に移動し、マウスポインタの形が、ポインタ の時、ダブルクリックします。段落単位で範囲を選択することができます。

ポインタあああああああああ

ああああああああ

あああああああ

表のセル範囲選択

ワードで、エクセルと同じように表を作成ができます。

表を作成した時、罫線で囲まれた1つの枠を「セル」と呼びます。セルに色をつけたりするとき、セルの範囲を選択します。

マウスポインタを左枠の少し中に移動しマウスポインタの形が、セルポインタ になった時、クリックします。セルの範囲が選択されます。

セル範囲1

行・列の範囲選択

行を指定する時はマウスポインタを左端に移動し、マウスポインタの形が、ポインタ の時、クリックする。複数行が選択されます。

行セル選択

ドラッグすると複数行の範囲が選択できます。列を指定する時はマウスポインタを上端に移動し、マウスポインタの形が、ポインタ黒↓ の時、クリックする。ドラッグすると複数列の範囲が選択できます。

列セル選択

表全体の範囲選択

表全体を範囲する場合は、表の中にマウスポインタを入れた時。右上に表示される、全選択 をクリックすると表全体を選択できます。

表の外にマウスポインタが出てしまうと、全選択 が消えてしまいます。もう一度、表の中にマウスポインタを持っていくと再度表れます。

セル全選択

選択範囲を間違えた場合は、選択範囲以外の場所をポイントしてマウスポインタの形が

に変わったことを確認してクリックしてください。

まとめ

ポインタを操るのは、最初は大変ですが慣れるととても楽です。ポインタの形を覚えておくと作業しやすくなります。