Excelエクセル-2016画面構成

エクセル2016画面構成

エクセル2016の画面構成は、各バージョンの見た目が少し違ってますがそれほど大きな違いがないです。

数式バーやセルの作業は、前のバージョンをお使いならさほど困らないと思います。

初めてエクセルを使う方は、構成を知っておくと何かと作業をするのに便利です。操作は、どこになにがあるか、使っていけば覚えていくのでざっと目を通しておくだけでも良いかも!

エクセル画面構成2016

画面の名所と役割

①【リボンタブ】コマンドを実行する機能ごとに、関連するタブに分類されてます。

②【リボン】コマンドを実行するときに使います。

③【クイックアクセスツールバー】よく使うコマンドを登録できます。初期設定では「上書き保存」「元に戻す・やり直し」の3つが登録。

④【タイトルバー】ブック名とアプリケーション名(Excel)が表示されます。

※新規で出したブックはまだ名前がなく保存もされてないので「Book1」となってます。

⑤【共有ボタン】ユーザーの招待、リンクのコピー、または添付ファイルの送信を行いたい場合に使います。

⑥【リボン表示・非表示】リボンを展開したり折りたたんだりできます。

⑦【数式バー】アクティブセルの内容などが表示されます。

⑧【全セル選択ボタン】シート内すべてのセルを選択することができます。

⑨【アクティブセル】処理の対象となってるセルのこと。

⑩【シート見出し】シートを識別するための見出し。

⑪【ステータスバー】現在の作業状況や処理手順が表示されます。

⑫【表示切替ボタン】表示モードを切り替えるときに使います。

⑬【ズームスライダー】シートの表示倍率を変更するときに使います。

ルナリナ
表の中に、1つ1つのセルが区切られていてそれを、リボンの中のコマンドや、数式バーで処理したりできるってことだね

ブックウィンドウ

表やグラフなどを作成する「ブックウィンドウ」

ブックウィンドウ

①シートの列番号を示します。

参考 列番号【A】から列番号【XFD】まで16.384列がある。

②シートの行番号を示します。

参考 行番号【1】から【1048576】まで1.048.576行がある。

③列と行が交わるひとつひとつのマス目のこと。列番号と行番号で位置を表します。

 F列の4行は【F4】で表す

名前ボックスと数式バー

数式バー

①【名前ボックス】処理対象を表示します。ワークシートの場合は、アクティブセルの位置が表示されます。

②【キャンセルボタン】入力中のデータを取り消します。

参考 Escキーも同じ働きをします。

③【入力ボタン】入力中のデータを確定します。

参考 Enterキーも同じ働きをします。

④【関数の挿入】数式パレットを表示し、計算結果を確認しながら数式や関数を入力できます。

ルナリナ
アクティブセルと、数式バーで表示される内容はリンクしてるって思えばいいかも!