オートコンプリート機能(文字入力)

オートコンプリート

最初の1文字を入力すると、同じ列内に同じ読みで始まるデータを見つけて自動的に表示します。同じ読みで始まるデータが複数ある場合は、区別できる読みが入力された時点で自動的に表示します

オートコンプリート

  • セル【A2】に「お」と入力します。同じ列内にある「おとうさん」が表示されます。
  • 「Enter」キーを押します。「おとうさん」と入力されます。

オートコンプリートで一覧を表示する

同じ列内で入力したデータをショートカットメニュー形式で一覧を表示し、表示されたデータを選択して入力することができます。

ショートカット

  1. セル【A6】を右クリックします。ショートカットメニューが表示されます。
  2. メニューから「ドロップダウン リストから選択」をクリックします。

リストクリック

データの一覧が表示されます。「おかあさん」をクリックします。

セル【A6】に「おかあさん」と入力されます。

オートコンプリート機能を無効にする

Excelの初期設定では、オートコンプリート機能が有効ですが、設定によってこれを無効にすることができます。

ファイル指定

①【ファイル」をクリックする

オプション

②【オプション】をクリックする。

オートコンプリート無効

③「詳細設定」の中の「編集設定」を確認して、【オートコンプリートを使用する】のチェックを外す

文字列または数字と文字列の組み合わせの場合にオートコンプリートが行われますが、数値、日付、時刻だけを入力した場合はオートコンプリートは行われません。