エクセル-セルの範囲指定

セルの範囲を選択する

セルの集まりを「セル範囲」または「範囲」といいます。

データ入力や、コマンドの実行はあらかじめ【任意のセル】や【セル範囲】を指定してから行ないます。

あらかじめ対象となるセルを範囲選択しておきましょう。

範囲の指定方法

今までのおさらいになりますが、処理や作業をするのにはセルを、「アクティブセル」にします。セルの範囲指定するということは、「アクティブセル」にするということです。エクセルになにを処理するのか教えてあげることになります。

1つのセルだけを指定する

文字入力や編集したいセルをマウスでクリックします。指定されたセルは黒い太線で囲まれます。

【A1】をクリックすると「1つのセル指定」になります。

広い範囲のセルを指定する

指定したいセル範囲をドラッグする。黒く反転するのがわかり、指定されたことになります。

広い範囲指定

解除方法 範囲指定を解除する時は、範囲以外のセルをクリックします。

指定したい範囲の1番左上のセルをクリックShift(シフト)キーを押したまま、1番右下のセルをクリックします。指定されたセル範囲は黒く反転表示されます。セル範囲が広い場合に使うと便利です。

離れたセルを同時に指定する

1つ目のセル範囲を指定しておきます。Ctrl(コントロール)キーを押したまま、離れた場所の2つ目のセル範囲を指定します。

離れたセル指定

シート全体指定

シート全体の指定方法は、【全セル選択」ボタンをクリックする。

シート全体指定

行・列全体のセルを範囲指定する

行全体や列全体を対象に操作するには、あらかじめ対象となる行や列を選択します。

1つの行・列は番号をクリックします。

1つの行列を指定

複数の行、又は列を指定する場合は、番号をドラッグします。

複数範囲

行であれば、1・2・・・・・の番号

列であれば、A・B・・・・・のアルファベット

をクリック、又はドラッグします

列・行離れた範囲していは、セルと同じく、Ctrl(コントロール)キーを使うことができます。