パソコンの基礎知識-Lesson6-Windows画面構成とタスクバー機能

窓 パソコンの基礎知識

窓
パソコンでインターネットや、ソフトを使うにあたって基本的な画面構成と機能をお勉強します。

Windowsの意味は、Windowは「窓」sがつくと複数になるので簡単に言えば、窓達でしょうか。

デスクトップ画面に窓をたくさん置くことができます。窓は、ワードなどのソフトや、インタネット(ブラウザ)画面のことを意味します。

ルナリナ
机の上で「書類」をたくさん出して仕事をするよね。それがパソコン上できるのが「Windows」ってことになるんだ!机はデスクトップで、書類は窓だね
ママさん
ワードで文章を作成しながら、インターネットでわからないことを検索してみたり沢山の窓(画面)がでるからいいわね!
ルナリナ
画面をたくさん出して使いこなせたらもっと楽だよ!

画面操作

画面構成

画面拡大収縮

画面縮小拡大

最大化

最大

元に戻る

戻る画面

Windows7からのタスクバー機能

デスクトップ下のタスクバー表示はWindows7から変わりました!

便利になったのは、同じソフトウェアを複数開くとタスクバーが重なるように表示してくれるようになりました。

ポイント1

タスクバー表示

ポイント2

タスクバー画像表示

タスクバーのアイコンにポインターを合わせると、起動しているソフトウェアのプレビューが表示され、ウィンドウの確認ができる。

ポイント3

タスクバー表示拡大

表示させたいプレビュー画面にポインタを合わせると拡大します。

クリックすると固定されます。

ポイント4

プレビュー画面の右上にある☒をクリックすると起動しているソフトウェアのウィンドウを閉じることができます。

閉じる

赤い×をクリックすると閉じることができる。

 

ポイント5

「ディスクトップの表示」アイコンを使って、ディスクトップを表示させましょう。

デスクトップ画面表示ボタン

タスクバーの右端に、ポインターを置いてクリックするとデスクトップ画面が確認できる。

もう一度、クリックすると最小化される。

コメント

タイトルとURLをコピーしました