キーボードの入力切替方法

キーボード入力方法 ワード
StartupStockPhotos / Pixabay

キーボード入力方法

キーボードによる文字入力モードの切り替え方

半角全角

●ローマ字入力と半角英数入力の切り替えは、[半角/全角]キーを押して行います。

キー

●半角英数小文字の「a」を大文字に「A]にしたい場合

入力をしていたらいきなり「全角/半角」キーを押しても日本語入力ができなくなった場合、言語バーの表示を確認してみましょう。画面右下にある「A]をクリックして「あ」に切り替えてみてください。

無変換

alt かな

●ローマ字入力をかな入力に切り替える方法

[Alt]+[カタカナひらがな]キーを押して、「かな入力」と「ローマ字入力」を切り替えます。または、無変換で切り替え。

キーの割り当て

漢字やひらがな、カタカナ以外にも英数字や記号など使用する文字

キーの割り当て

キーの割り当ての例外(ローマ字入力の場合)ローマ字入力の場合は、キーボードの割り当てが異なる場合があります。たとえば、「ローマ字入力」で「.」のキーをそのまま押すと実際には「。」と入力されます。これは、日本語入力を行う場合には「.」よりも「。」の方が頻繁に使用されるためで、句読点や括弧などの記号入力の基本設定が変更されているためです。
ですから,ローマ字入力で「.」を入力したい場合には、「.」のキーを押してからファンクションキーの「F9」キーを押すと「。」から「.」に変更されます

ファンクションキーを使って切り替え

スペースキー、または変換キーでもカタカナへの変換はできますが、ここではファンクションキーを使って練習します。

F7 F8

F7 全角カタカナ
F8 半角カタカナ

例:「わーぷろ」と入力したらそのまま、[F7]を押すと全角カタカナの「ワープロ」となります。また、[F8]を押すと、「ワープロ」と半角カタカナになります。

f10

F9  全角英数
F10  半角英数

ファンクションキーの「F9」「F10」は、3回の切り替えができる
1回目 全て小文字
2回目 全て大文字
3回目 先頭だけ大文字

例:「あいうえお」と入力し、「F9」を一度押すと「aiueo」

2度目は「AIUEO」 3回目は「Aiueo」となる。

※キーを押しながらキーを打つと大文字になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました