パソコンの基礎知識-Lesson2-CPUとメモリ

よく皆さんに聞かれる質問No1は、「パソコン買うんだけど何がおすすめ?」

これが非常に困ってしまいます。どうしてかというと、その方がパソコンで何がしたいのかがはっきりしていれば提案もできるのですが、何もないと非常に困ってしまいます。

なので、ご予算は?と、いつもその話から入っていきます。(笑)

そのほうが、正直提案ができやすいので(;・∀・)

CPUとメモリとは

CPUとは、パソコンが様々な処理をする際の中枢となる部品です。パソコンの頭脳にあたると考えることができます。CPUの速度によって処理速度がある程度決まります。CPUの処理速度は「クロック周波数」によって表されます。この周波数が高いほど処理の速いCPUということになります。

CpUとメモリ

メモリとは、データやプログラムを 一時的に記憶する部品のこと。メモリは、CPUが処理を行う際の作業場と考えることができます。作業場は広いほど、処理がはかどります。

参考 MB-「メガバイト」と読みます。メモリの容量を表す単位です。

ルナリナ
例えば、電卓がパソコンだとしてみると、数字を打ってると表示画面に数字がでるよね?それがメモリ(記憶)一時的に記憶されてから、CPU(頭脳)で計算して正しい答えを出すって感じ!
花沢さん
ふ~~ん パソコンが早いとかっていうのは、頭の回転と記憶力がものをいうのね!
ルナリナ
確かにそうだけど、いろいろな処理能力があるのでパソコンが早いってそれだけじゃないんだ!
花沢さん
例えばなに?
ルナリナ
HDD(ハードデスクっていうのがあって、パソコンで作った文章や、ダウンロードした音楽なんかを入れておくバケツなようなものでね、それが大きいとデーターなど沢山入るけど、小さいバケツだとあまり入らないから、大きなデーターを処理する場合にちょっと遅くなっちゃう!
花沢さん
そしたら、HDD(ハードデスク)は、容量があるのがいいんだね。
ルナリナ
ん・・・それだけでも作業によってはだめかも><
花沢さん
えーーーーーーまだあるの?
ルナリナ
画像処理とか考えたら、グラフィクボードっていうのもあって・・・
花沢さん
もう~~なんかすごくいっぱいあるんだね!!
ルナリナ
あれやこれやと、パソコンの内部のものを良いものにしていくとかなりの金額になっちゃうよ!だから、自分がこれをしたいっていうのがはっきりしているといいんだけど、なかなか決めることはできないよね。
ママさん
私は、年賀状や学校のお知らせを作るだけだからそんなに気にしないわ
ルナリナ
さすがママさん、はっきり決まってるね~ 文章だけならパソコンを選ぶときはそんなに気にしなくてもいいよ!

HDD(ハードディスクドライブ)

ハードディスクを一言で言うと、情報を記録し読み出す記憶装置なようなものです。人間で言う「脳」でしょうか。ハードディスクは「消耗品」なので破損したりします。大事なデーターが一瞬のうちになくなる!そんな場合もありますから「バックアップ」はこまめにするようにしてください。

パソコンの特徴

いまどきのパソコンはどんな機能があるのか!店頭に言って聞くのが一番だとは思いますが、ここでは主な機能を御紹介します。

インターネット・メール・表計算・ワープロ・画像やビデオ編集などはいろいろできますが、その他パソコンでテレビを見たり、3Dも楽しむこともできます。

前記事で「OS」ということを説明しましたが、「ウィンドウズ(windows)7」から、「タッチ操作」が出来ようになりました。タッチ機能を使うと、ホームページを見るときに便利です。 画面のスクロール、画面の拡大・縮小、ページの戻る・進むなどを指先で操作できます。

パソコンの基礎知識ーLesson1-ウィンドウズ(Windows)OS
Windowsウィンドウズは知ってるけど、アプリとかOSとか知ってるようで一体本当はどういうものな?パソコンのちょっとした基礎知識をお勉強

でも現在、タブレット・スマホが主流なのでなんとも言えませんが。指先操作なら小型のほうが使いやすいとは思います。

CPUとメモリおすすめ目安

電化量販店に行き、パソコン売り場に行くとよく目にするのが「Intel core i7」とか「メモリ4GB」とかパソコンに書いてありますがなにがなんやら~だと思います。値段が高いのが良いものだと思ってしまうのが普通。でも実際に購入してもそれほど使わないこともあるので知っておくと目安になります。

ネットゲームをしたい!

これはまさに、ピンキリになります。正直、メモリ・CPUはもちろんグラフィックカード・SSD・HDDなどなど、いろいろ考えなくてはならないです。はい!
遊ぶゲームによっては、ハードディスクが50GB言ってしまうぐらに!なので、目安になるかわかりませんが、CPUは「core i7」メモリは「8~16GB」
公式サイトには必須スペックが乗っているのでそれを目安にしたほうがいいでしょう。

動画編集・画像編集・作成等

こちらも処理能力共、あればあったなりによいので、CPUは「core i7」か「core i5」メモリは「8~16GB」ぐらいを目安に。HDD(ハードディス)ですが、動画をパソコンに保存するなら容量があったほうがいいですね。

インターネット閲覧や文書作成

それほどあまりスペックはなくても大丈夫です。CPUは「core i5」メモリも「8GB」あればかなり十分すぎるほどです。なので、CPU「core i3」メモリ「4GB」でも安心です。

新しくパソコンを購入する場合パソコンで何をするかで、ディスプレイ・CPU・メモリなどを考えていきましょう!仕事でワードしか使わないとかインターネットしかしない方は、価格が安いものでも大丈夫ですね。画像・ビデオ編集やインターネットでゲームなどする方は購入元に相談すると良いと思います。特に、ハードディスクの容量は音楽・画像・ビデオ録画する方は大きいほうがいいでしょう!

パソコンの基礎知識-Lesson3-電源の切り方
お使いのパソコンによっては異なる電源の切り方の方法
パソコンの基礎知識ーLesson1-ウィンドウズ(Windows)OS
Windowsウィンドウズは知ってるけど、アプリとかOSとか知ってるようで一体本当はどういうものな?パソコンのちょっとした基礎知識をお勉強
パソコンの基礎知識-Lesson4-デスクトップ画面
パソコンのWindowsデスクトップ画面の構成とOS別バージョンの違い
パソコンの基礎知識-Lesson5-マウス操作
マウスの持ち方動かし方や、クリック・ドラッグの方法などのお勉強
パソコンの基礎知識-Lesson6-Windows画面構成とタスクバー機能
Windowsのデスクトップ上でのソフト(ブラウザ)画面の構成とタスクバーの使い方をお勉強
パソコンの基礎知識-Lesson7-ウィンドウ切り替え方法
Windowsデスクトップのウィンドウ、複数以上の切り替え方方や同時に横並びにする方法
パソコンの基礎知識-Lesson8-ファイルとフォルダ
ファイルを作成してそれを保存する。ファイルとフォルダの関係を良く把握しておくことが大切です。ここではファイルとフォルダの操作についてお勉強!